こんにちは!

前回につづき、今回も気になる新製品情報をピックアップして紹介してみたいと思います。

今回紹介するのは、【ジャッカル コサジ cosaji】

スプーンですね (^^

スプーンと言えば、ルアー釣りのルーツ的なルアーで、管理釣り場のトラウトゲームなどではメインとなるルアーですが、バス釣りなどでは少し前に流行ったビッグスプーン以外はあまり見たことがありません。

しかし、実際にはサイズを問わず、もっと言うと魚種を問わず、手軽に釣れるルアーがスプーンの良いところという話しです。

ソルトでは、メッキやカマス、アジング用などとしてスプーンが出ているので、ライトソルトゲーム用としても十分使えるのではないか?という点と、開発者が房総半島の凄腕ロコアングラーである川島さんという点が興味を持ったポイントです。

スプーンはフォール時には回転することから、標準のスナップにローリングスイベルが装備されているのも嬉しい配慮です。

ウェイトバリエーションは、1.8g、3.3g、4.8gの3ラインナップ。
シーバス狙いには少々軽い感じがしますが、ライトゲームにはJUSTマッチではないでしょうか?

どのウェイトであっても、ベイトフィネスタックルでも充分扱えるレベルです。


(出展:ジャッカル提供 YouTUBE動画)

フックは標準でシングルフックが装着されているのですが、そこに少しだけティンセルが巻かれています。

ティンセルはライトゲームのアジング、メバリングでも効果があることは実証済なので、この付加価値も嬉しい工夫です。

後は、発売された際に、替えフックも一緒に販売して欲しいところですね。


(出展:ジャッカル提供 YouTUBE動画)

横からみた状態は下の画像の通りです。

カップはそれほど深くなく、横幅はそれなりに広いので、浮き上がりは良さそうなイメージです。

ロングキャストによるレベルストロークでは、表層付近を狙い易そうなので、重いシンペンよりも更に上の層を狙うのに使えそうです。



(出展:ジャッカル提供 YouTUBE動画)

カラーラインナップは、見る限りバス用(フレッシュウォーター用)メインのようです。

と言いつつ、アカキンやクロキンがあるので、濁りのある湾奥では使えそうな感じもします。

ですが、出来ればシルバーやゴールドなどの単色系も欲しいところですね。
シルバーが欲しいなら、塗装を剥がして使うという手もアリかも知れません。

メーカーさんには失礼な使い方になるかも知れませんが・・・

それと、ジャッカルさんはソルトルアーにも力を入れておられるので、待っていればソルト向けのカラーも発売されるかも知れませんね。



 (出展:ジャッカル提供 YouTUBE動画)

最後に動画です。

リフト&フォールと、ただ引き(ストレートリトリーブ)の動きが紹介されています。

フォールでのキラメキを見ていると、デイゲームのアジングでターゲットを魅了してくれそう。

小物釣り(ライトゲーム)はいろんなターゲットが狙えるので、そういう意味でも、この【ジャッカル コサジ cosaji】のコンセプトに合っているのではないでしょうか?



以上、簡単ですが、ジャッカルからリリースされるスプーン【ジャッカル コサジ cosaji】について紹介してみました。

スプーンはある意味、一番シンプルな構造のルアーですが、その設定などの幅の広さを考えると、実は奥が深くいルアーではないかと思います。

また、フィッシュイーターの本能を刺激する基本性能は、最新のルアーにも負けないものがあるように感じます。

スプーン、改めて見直す良い機会かも知れません。

まずは、コサジの発売が楽しみです。


↓読んで頂いて、気が向いた方はワンクリックお願いします。更新の励みになります!
にほんブログ村 釣りブログへ

■NABRA Chase Fishing TOP へ