こんにちは!

少し前に、メンテ不足によりほぼ巻けない状態に陥った【ダイワ モアザン PE-SV】の記事をかきましたが、セルフメンテは断念して、メンテ専門家に託してみました。



発送して、約1週間で戻していただきました。

メーカー委託ではほぼ不可能なリードタイムです。

こちらから発送した際の受領メールから始まり、メンテ終了時に、メンテ内容と料金のメールを送っていただき、メンテできなかったマグシールドBBの状態も教えて頂き、希望すればメーカー委託によるマグシールドBB交換も可能な旨のコメントも頂きました。

今回は、マグシールドBBを交換していない状態がどのようなものか?知りたかったので、そのまま返して頂きました。

メンテの内容は、スプール受け周りのBB交換とギア等の清浄&グリスアップのみ。

メンテに出す前はハンドルを回すのもはばかられるような酷い巻き心地でしたが、メンテ後はとてもスムーズな巻き心地に改善していました。

料金は、基本工賃と各箇所グリスアップ、ボールベアリング交換の部品代、返送時の送料、全て合わせて5,000円ちょっと。           

基本工賃は2,500円、送料が500円なので、部品交換代としては2,000円程度でした。

因みに、ボールベアリングなどは、ヘッジホッグスタジオの製品を利用されているとのことです。


メーカーに出した場合、シマノのオーバーホールメニューでは、各箇所グリスアップ&グリスアップ・ボールベアリング・ギアなどの交換を含む基本コースで、10,000円。

何も指定せずにオーバーホールに出した場合は、基本コースにて対応されるようです。

1番安い『検査・注油のみ』の内容なら、2,100円からありますが、明確に不具合を感じている場合は、メンテナンスと言うより故障修理に近くなるので、結局、基本コースくらいは最低でもかかる感じです。

シマノの修理・オーバーホールの案内はこちら

ダイワの場合は、ベイトリール(両軸リール)なら、メンテナンスS(スタンダード)コースで3,300円ですが、パーツ交換などは別料金のようです。
※スピニングリールのメンテナンスSコースは、3,500円です。

因みに、ダイワの公式メンテナンスサービスとして、SLP(スポーツライフプラネッツ)のメンテナンスカードというものがあるのをご存知でしょうか。
SLP

加入時に3,000円を払うと、加入してから3年間でメンテナンスSコース1回が無料。更に3回までは毎回30%オフでメンテナンスが受けられるサービスです。

3年間トータルで見ると、加入料金を含めても、3,000円とちょっとはお安くサービスが受けられる計算になります。


しかし、このサービスは、新品リール購入時でないと加入出来ないのが残念なところですね。
要は、新品時から3年間のサービスという事です。

購入は、全国のダイワ製品取り扱い店であれば、どこでも申込みができるようです。

ただ、年間釣行回数の多いヘビーユーザーであれば、毎年1回はメンテナンスに出されると思いますので、新品リールを買う場合なら、アリなサービスではないでしょうか?

因みに、メンバーズカードとセットでオーバーホールを依頼した場合、3日~1週間で返してくれるそうなので、シーズンの最中に故障したり、メンテが必要になった場合も助かりますね。


さて、私のリールに話しを戻しますが、唯一残るシャリシャリ感は、マグシールドBBのオイル漏れとの事で、これについてはメーカーに問い合わせしようと思っています。

【ダイワ モアザン PE-SV】を購入して約2年。

マグシールドは「新品時の巻き心地を永遠に」との宣伝を考えると、あまりにも早いオイル漏れ。
※確かに、永遠に保証するとは書かれていませんが。

【ダイワ モアザン PE-SV】については利用頻度もそれ程多いわけでは無く、時々行くリバーシーバスと、サヨリパターンのシーバスで使っていた程度。

サヨリの時期には、連日、深夜まで投げ倒しましたが、期間にして約1週間。

年間で見ても、釣行回数として見ると20回あるかないか。

それでダメになるなら、実釣性能としては使えないと判断せざるを得ない感じです。

いずれにしても、今回のオーバーホールサービスの効果は実感できたので、今後もお願いしたいサービスだと思っています。


↓読んで頂いて、気が向いた方はワンクリックお願いします。更新の励みになります!
にほんブログ村 釣りブログへ

■NABRA Chase Fishing TOP へ