こんにちは!

今回は釣りの真の技術や知識をどのように自分のモノにしていくか、という点について私見を書いてみたいと思います。

きっかけは、たまたまヤフオクで発見した一冊の本を見つけて入手し、それを読んだことで感じることが多かった為、記事にしてみようと思いました。

【ある日突然上手くなる~アジング・メバリング~】


一昔前は、釣り情報誌を読み漁っていた時もありましが、全体のボリューム感に対して自分が欲しい情報がどんどん減っていってしまい、最近ではすっかり買って読まなくなっていましたが、先に書いた本は、そのコンセプトからして自分の求めている情報と合致しており、非常に勉強になりました。

と言うことで、情報の入手手段は様々ですが、それらを繋ぎ合わせると自分の知識や経験について良い棚卸ができるというお話しになります。


真に自分に有用な情報は何なのか?


昨今ではネットの発達で、いろんなところにいろんな有益な情報がゴロゴロ転がっています。

しかし、その多くの情報は表面的な結果が多く、その真髄について書かれていることは少ないのも事実ではないでしょうか?

一番シンプルなのは釣れているポイントです。

これは、釣れているポイントをネットで書くと、それをみた人が殺到するので、そのポイントにひっそりと通い楽しんでおられるロコアングラーの皆さんに迷惑がかかるということで、釣具屋さんの情報以外はほぼ具体的なポイントは書かれていない、もっと言うと書かないのが暗黙のルールになっています。

もっとも、釣具屋さんの情報も、その根底には釣具やエサを売ることが目的にあるので、真に旬な情報なのかはマユツバなものが多いのもまた事実です。

時々、Yahoo知恵袋などで釣れるポイントを質問しておられるのを見たりしますが、その反応は冷ややかなものがほとんどです。

他には、ルアーです。

こんなルアーで爆釣しました、的な記事や情報は多くありますが、そのルアーをどのように使ったのか?何を考えて使ったのか?について詳しく掘り下げて解説されている情報は非常に少ないので、例え同じルアーを買って使っても、必ずしも期待する釣果に繋がらないのが実情です。

巻くのか?巻かないのか?
沈めるのか?浮かせるのか?

使い方次第で釣果がゴロッと変わることが多いルアーフィッシングでは、使い方が一番のキモなのに、そこが書かれていなければ、釣れる状況を再現するのは難しいと思います。

この点については、テレビなどで実釣して見せてくれているメディアアングラーの方は、使い方の解説から、実際に釣るシーンまで含めて視聴者に見せてくれているので、メディアならではの情報流通に貢献してもらっていると感じます。

狙い目の選定から、アプローチ、そしてルアーの操作方法など、カメラを通してFACTが見えるので非常に勉強になります。ノウハウDVDなどが有償で売れるのも納得できます。

いずれにしても、情報は氾濫していますが、自分の釣りに如何に有効に活用できるのか?

情報を峻別する能力も非常に重要だと思います。


自分の情報と周囲から得られる情報のコラボレーションが重要

釣りの情報としては、ネットなどを見て入手する情報以外に、私にとっては月曜会という直接釣り友さんと話しをする場で入手する情報が非常に役立っています。

そこでは、リアルに釣りに行っているメンバーが、隠し事なく、"自分の経験""良かったこと""ダメだったこと"について情報交換ができます。

ある人がダメだったという話しがあったとしても、他のメンバーが結果が出せている話しと合わさることで、何がダメで何が良かったのか?という検証が机上ではありながらも、リアルな内容を伴って話しができるので、次回の自分の実釣にも有意義に繋げていくことができていると感じています。

仮に、ひとりぼっちで釣りをしてたなら、到底知り得ていないであろう知識なども得られますし、情報交換をすることの有効性を日々実感しています。

そんな中で得られた情報には、一般的には流通していない(見聞きしない)情報もあるし、もっと言うと一般的には常識とされていることが、実はそうではないんじゃないか?という話しもあります。

そんな記憶という情報を持ちつつ、今回入手した本を見た時に、『やっぱりそうだったんだ』と思う内容がふんだんに含まれていました。いや、ほぼ全部と言っても過言ではなかったかも知れません。

本を書かれているのは、ライトゲーム界での第一人者である"加来 匠(かく たくみ)"さんです。

LEONさんの通称で、ライトゲームファンで知らない人は居ないくらいではないでしょうか?

加来さんは、書籍以外にも多くの実釣動画も配信されており、カメラの前でリアルに釣れるメソッドを公開し続けておられます。その中では、加来さんが店主をされている"Fish IN"というサイトで販売されているルアーなどが紹介されていたりもするのですが、単にモノを売る為だけのセールスビデオではなく、実際に釣ってみせておられるところに説得力を感じます。

また、販売されているアイテム(ルアーも当然含む)についても、自身の経験を根拠に丁寧に解説もされており、そのアイテムをどのようなシーンで、どのように使ったら良いのか?結果が出ているのか?がわかるようになっています。

そして、買った本に書き綴られた内容は、は、何十年に亘る実釣経験を根拠にされていて説得力があったし、割合は正確にはわかりませんが、先に書いた自分のリアルなコミュニティの中で結論を出していたり可能性感じていた内容が多く紹介されており、自分達の積み上げてきた知識と経験は間違っていなかったんだ、と確信できる嬉しい内容でした。

本の内容をここで具体的には書きませんが、例えば『メバル凪』が釣れる条件のMUSTではないという話しなどは、常日頃から釣り友さん達との会話で出ている話しで、やはりそうだよね!と思った一例です。

また、ルアーアングラーは、使っているものがルアー(疑似餌)なだけに、ついつい動かさないといけないという先入観で釣りをしがちですが、実はそうしない方が釣れるシーンがあるというのも、また一例です。

その他にも、この本では、ルアーフィッシングの観点というよりは、エサ釣りも含めた大きな観点で、且つ、釣り人目線ではなく、ターゲットとなる魚の目線でテクニックや考え方が展開されており、これもまた、同じような話しを普段の月曜会でしているだけに、非常に共感が持てました。

どうやって魚を釣るか?

その為には何を気にしないといけないのか?

それは、目に見えるものだけに頼っていてはいけない。

そもそも、魚の習性って?

アジングとメバリングは同じカテゴリーにあっても、別ものではないか?

魚釣りが好きで、より確実に、自分の納得感が得られる魚を釣りたいと考えるアングラーは、やはり同じ方向に進むんだと感じれたし、決して間違ってはないことが確認できたような気がして、今後の月曜会の発展にもつなげていける期待が持てました。


まとめ

と言うことで、決して、この本を買ってくださいという話しではありません。

このシリーズの本は、他のジャンルの釣りにおいても出版されています。

他のジャンルの本は、誰が書かれているのかわかりませんが、どのジャンルの本においても、その道を突き詰めてこられた方が書かれているかと思いますので、それぞれに深いところまで掘り下げられていたり、痒いところに手が届くような内容が含まれているのではないかと思います。

今回の1冊を手に取ったことで、他のジャンルの釣りの本も読んでみたくなりました。

たかが趣味の釣りの話しではありますが、それでも真剣に向き合って楽しんでいるメンバーに囲まれています。

少し前まではバスフィッシング一本でしたが、小学生の頃から磯釣りやヘラ鮒釣りなどもやってきて、これまで釣りで面白くないと感じたものはありませんでした。

サビキ釣りであっても、考えて工夫をするかしないかでは、釣果に明確な差が出るのが釣りです。

最近ではソルトジャンルに進んだ延長で、エサ釣りの方との交流も出来て、海上釣堀などの面白い釣りにも出会うことができました。

今後もいろいろなコラボレーションを経験して、自分の釣りの幅を広げていければいいな、と改めて感じたというお話しでした。


『ある日突然上手くなる』シリーズ

◆シーバスフィッシング


◆ロックフィッシュゲーム


◆ブラックバスフィッシング



◆アジング・メバリング


↓読んで頂いて、気が向いた方はワンクリックお願いします。更新の励みになります!
にほんブログ村 釣りブログへ

■NABRA Chase Fishing TOP へ