こんにちは!

気が付けば、5月も残すところ数日となってしまいましたね。

もう春と言うよりは初夏の雰囲気が漂っています。

これまでのブログでも、メバルの残シーズン頑張るだの、アジが見つからないだの、壁ドンチニングに走るだの書いてきていますが、暖かくなってきたら、今年はやる!と決めている釣りがあります。

それが、ハゼング。

特に、ハゼクランクです。
KC4F01011

【バークレー GULP サンドワーム】などで釣れば、ルアーで釣れるのは待ちがい無いのですが、どうせハゼをルアーで釣るなら、もっと楽しみたいと言うことで、今年のハゼングはクランクに拘りたいと思っています。

ちょうど、長距離砲の【Fishman Beams inte 7.9UL】が入手できたこともあり、今年はベイトフィネスでハゼクランクです。

昨年は、夏場にSAFCの大会にハゼクラ大会を盛り込み、大いに楽しませてもらいましたが、正直、自分でやってみて自分の目で確認するまでは、クランクでハゼが釣れるのはにわかには信用できませんでした。

確かに、ゴカイなどの生きたエサを食べているのはわかりますが、ブリブリ動くクランクにハゼが食いつくなど、普通では想像の域に達しない話しです。

しかし、これもやってみればわかりますが、クランクで確実に釣れてくれました。

しかも、リアフックを自分で仕込んだシングルフックに交換したところ、フッキングが劇的に向上し、大会でも数釣りでTOPになれるなど、まぁまぁ爆釣を体験させてもらいました。

釣りをしている立場からすると、キャストして、クランクをボトムまで潜らせて、後はテロテロ引いてくる過程でハゼのバイトが伝わってきて、フッキングするまで辛抱して巻いていると、見事にフッキングに成功するという感じで、水中でどんなことが起こっているのかまでは良くわかっていなかったのですが、ハゼがクランクに襲い掛かる動画を見つけてしまいました。

この動画を見てしまえば、ハゼクラ熱が再燃しない訳はありません。

こんなにクランクベイトに反応が良いの??

こんなにアグレッシブにアタックしてくるの?

と驚きを隠せません。



私の地元などでは、大規模~中規模の河川下流域や、サーフエリアなど、実はハゼクラが成立するポイントが沢山あることに気付かされました。

シーバスにどっぷりハマっていた頃なら、ハゼはシーバスのベイトとしては意識しても、実際に釣るターゲットとして意識することは考えられませんでした。

が、今となっては、れっきとしたソルトライトゲームでのターゲットとして認識しています。

この動画を見て、やってみたいと感じた方は、釣具屋さんでまずは叩き売りされている安い小型クランクベイトを購入してみてください。

魚が小さいので、小さいクランクベイトでないと釣れないような気がしてしまいますが、実際にはそんなことはなく、極小サイズのクランクベイトでなくてもヒットします。

ただし、フックは小型のシングルフックなどに交換した方が掛かりは良いかと思います。

また、すっかりハマってしまい、続けたい・極めたいと思われる方は、より釣果の安定する専用プラグも最近では多数存在します。

少し前はエリアトラウト用のクランクベイトの改造版がメインでしたが、最近ではハゼクラ専用機と言えるルアーも出没しています。

ハゼクラ、暑い時期に更に熱くしてくれる、身近に楽しめるライトゲームですね (^^

ダイワ ハゼクランク

ムカイ エドハゼ ED-HAZE

ファイブコア マイクロクラピー


マリア ポケッツ ハゼSP

ロブルアー アルトボアF

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ロブルアー アルトボア F 【メール便OK】
価格:1166円(税込、送料別) (2017/5/26時点)


■NABRA Chase Fishing TOP へ