こんにちは!

今回は予告?通り、水曜日のバチメバル調査についてです。

水曜日はアジも狙うつもりで出撃したのですが、風が強くてアジを断念。

しかし、結果として久々の良型メバルの捕獲に成功しました。

また、思わぬゲストも複数飛び出すなど、釣り的にはなかなか楽しめた釣行でした。

これも前日の釣行が報われたというところでしょうか?

では、釣行記いってみたいと思います。


スタートはキビレの手痛いご挨拶


この日は仕事が終わるのが早かったので、まだ薄明るい時間帯からポイントに入れました。

そこで、一番最初はアジの調査をする為に、アジングポイントに入ったのですが、あいにくの強風でベイトタックルで釣りをするのは困難な状況。

そこで、すぐに場所を移動してメバル・キビレ狙いのポイントに入り直しました。

最初はキビレでも手堅く釣っておこうかと思い、壁ドンチニングタックルで釣りを開始。

【ジャッカル ちびチヌ蟹 1in】をセットして釣りを開始した1投目。

落としてから誘い上げたリグにいきなり

ゴッチ~~ン!

強烈な食い上げ&ひったくりバイトです。

1投目であり、完全に油断していました。

バイトは食い上げでしたが、フッキングも決まった瞬間、一気にボトムへ!

ここで、ライン強度を意識せず、クラッチも切らずにスプールを押さえて耐えてしまったので、一瞬でラインブレイク。

魚のサイズは不明でしたが、さすがにこの時期の元気なキビレ相手に不用意な対応をしてしまいました。

リーダーも、少し細めの5lbにしていた為、結束部が持たずに切れた感じです。

リーダーは少し太めの【東レ バウオ®エクスレッド 7lb】に結び直したところで、良い感じに暗くなってきたので、ここでメバル調査に切り替えることにしました。


バチメバルは予想以上に手強かった

さて、メバリングに切り替えてポイントを移動。

チニングポイントでも、常夜灯周りではクルクルバチが沢山抜けていたので、バチ抜けに付いてる魚は居ないかとチェックしますが、とりあえずは平穏な感じ。

しかし、30分も経たない間に水面に生命感が溢れてきました。

どうも、潮位どうこうよりも、時間帯がキモのようです。

慌ててプラグに交換している間にも、水面ではピチャピチャとライズが発生しており絶好のチャンスタイムの予感です。

まずは【邪道 ヤルキバ】のメバルフックチューンを投入。

数投目に、ココッ!とバイトがあるもののフックアップせず~

何回か通してバイトが出なくなったので、すぐに【アイマ ima カーム calm 80】にチェンジしてライズゾーンを通すと、またもバイトが出るもののフックアップせず~

前日の状況から、時間が経つとボラが集まってきて釣りにならないと予測しているだけに、早くメバルを釣っておかないととの思いから、焦るものの、メバルは簡単に食ってくれません。

しかし、小さいライズは明らかにメバルなはず。

プラグでダメならと【アピア APIA アーチヘッド 1.0g】に【サーティフォー 34 オクトパス 1.8in "わさび"】をセットして投入しますが、ワームにはバイトも無し。

クルクルバチなので、ストレートワームのただ巻きでは反応してくれないのか?

そこで、更に、持ち込んでいた【ティムコ ドリフ70】にチェンジして、クルクル感を演出するも、バイト無し・・・

万事休す

時間の経過と共に、案の定波紋が大きくなってきて~

ボラの食事タイムに突入してしまいました。

ダメ元で続けるも、やはりボラがヒットしてしまい、幸いにもフックオフしてくれたものの、場は荒れるし、フックはグチャグチャだしで、一旦休憩することに。

気持を切り替えて、今度はワームで丁寧に探ってみることに。

ライズが落ち着いていることから、メバルが居るとするなら少しレンジが下がっているかも?との想定で、【アピア APIA アーチヘッド 1.0g】に【サーティフォー 34 オクトパス 1.8in "わさび"】に戻して探っていくも反応し。

重くてキビキビした動きには反応してくれないような気がして、風が弱まってきていることを勘案して、ジグヘッドを軽めに変更。

ワームも小さいエサを想定して、【TWO by TWO 漁港ワーム"神バナナ"】をセット。

引っ張るというよりは、漂わせるような感覚で探り直してみると~

グンッ!

そして

ギュ~~~ン!

一瞬、キビレが来たか?と思うほどの引きでロッドが絞り込まれましたが、どうもキビレの引きとは違う?

突っ込みが強烈なので、メバルかどうか半信半疑だったのですが、水面に浮いてきた魚は黒い!

ムラソイやタケノコメバルはこんなに引かないので、メバルだ〜と興奮しながら、ロッドの弾性を活かせて抜き上げ!

足元に横たわったのは、久々の良型メバル。

お腹もでっぷりでナイスコンディションの魚で、シーズン中でもなかなか釣れない25cmフィッシュに久々に手が震えました。



この魚がたまたま釣れたのか?狙いが合っているのか?

検証する為に、同じ釣り方で探っていきます。

ルアーは、【TWO by TWO 漁港ワーム"神バナナ"】が在庫切れしたので、同じくソリッド系で小型の【サーティフォー 34 ジュニア1.3in“だいだい”】にチェンジ

超スローな釣りなので集中力が試されますが、1匹釣れているだけに辛抱して集中できます。

すると、小さな突っつきバイトをキャッチ。

乗りませんがメバルっぽいので、再度同じラインをゆっくり通していくと~

コンッ!

プルプルプル~~

今度はフッキングと同時に飛んでくるくらいのサイズでしたが、2匹目をゲット。



これは通用する!と判断し、引き続き狙っていきます。

すると、ス~~ッと横方向に引いたルアーに


ガツンッ!!

強烈なバイトと共に一気にロッドが絞り込まれます!

まずはキビレを疑いましたが、頭を振る手応えは皆無で一気に勢いよく突っ込む引きはメバルっぽい。

ついに来た、尺メバル!!

スプールから指を離すとドラグが引き出されるくらいの強烈な引きなので、慎重にやり取りをしつつネットの準備をします。

浮いてきた魚はやはり黒い!!

これは、シーズン終盤でついに尺メバルゲットか~~

とテンション上げて、緊張しながらネットを差し出してランディング!!

しかし、上がってきたのは・・・

お前かい!!お前なのかい!!

でっぷりと太ったクチブトグレ。

確かにこの子が居るのは認識はしていましたが、このタイミングで釣れてくるとは・・・

衝撃の一瞬でした。

周りに人が居なくて良かった・・・

最後の最後に、衝撃が再び!

気持を落ち着けて、冷静になって、釣りを再開。

一気に盛り上がった気持がどん底まで突き落とされました。

決してグレが悪い訳ではありません。

勝手に勘違いして盛り上がった私が悪いのです。

しかし、タイミング的に、それは無いよな~という魚でした。

ワームをセットし直して釣りを再開しますが、バイトはしばらくありません。

グレを釣ってポイント荒らしたしな~と諦めかけた時に~

ココンッ!

かわいく、小気味良いバイトで何かがヒット。

と言っても、このポイントでこの引きはメバルしかありません。

小さ過ぎるので、ポロリだけに気を付けて静かに抜き上げ。

本日3匹目となるメバルをゲットしました。



さすがにサイズも落ちてきたし、もうダメかな~と思っていたところで

奇跡のバイトが!!

ククッ!

非常に小さいバイトながらも集中していたのでしっかりフッキングに成功。

ギュ~~~~ン!!

次の瞬間、またもや強烈な引き!

そしてキビレのそれではない引き!!

神バナナは使ってないけど、神は見放していなかった!

こんな時に限ってバラしたりするので、慎重にやり取りします。

ネットインを一度失敗して、ヒヤヒヤしながら無事に掬って、引き上げると~

ゲッ!!

またクチブトくんやん!!

またも、ボリューム満点のクチブトグレに絶句。

ここで一気に心が折れて、ストップフィッシングとなりました、とさ!!


メバリング Day-53 まとめ

と言うことで、結果が出てくれて良かったものの、ハラハラ・ドキドキを通り越してショッキングな展開となった釣行でした。

ナイスサイズのメバルが出た後だっただけに、完全にメバルだと勘違いしてしまいました。

また、引きが似てるんですよね~ (^^;;

しかし、バチメバルについては前回のブログにも書きましたが、とにかくバチにメバルが反応する時間帯が短く、それが落ち着いた後は極端に食い渋るという難易度の高さに改めて驚きました。

バチの初期にはもっと簡単に食ってくれたイメージなのですが、バチの量も減ってきている影響もあるかも知れません。

6月も中旬で、昨年の釣行データを見ているとほぼキビレしか釣っていません。

しかし、こんな時期でもメバルが釣れるとは、メバリングを始めた時には思ってもいなかったことですが、夏までメバルって釣れるんですね。

今年の取り組み・調査結果は、翌年以降にも繋がると思います。

さて、いつまで釣れてくれることやら。

↓読んで頂いて、気が向いた方はワンクリックお願いします。更新の励みになります!
にほんブログ村 釣りブログへ

<参考>タックルデータ

ロッド:Fishman Beams inte 7.9UL
リール:シマノ 17カルカッタコンクエスト BFS HG
ライン:東レ ソルトライン®アジングPE 0.4号+バウオ®️エクスレッド 7lb

■NABRA Chase Fishing TOP へ