こんにちは!

今回は新しく発売されるPEラインのお話しです。

その製品とは【よつあみ G-SOUL OHDORAGON オードラゴン WX4F1】

よつあみと言えばPEラインの老舗企業さんですが、今回はそんなよつあみから高比重のPEラインがリリースされます。
20170619_2

PEラインについては、こちらのブログでも過去に何度かその特徴やメリット/デメリットを掲載してきましたが、PEラインの最大の特徴である“比重の軽さ”を改善しているのが今回の製品です。

PEラインの比重の軽さは、トップウォーター系のゲームではメリットとして活かすこともできるので、一言でマイナス点として捉えることはできないのですが、比重が軽いが故に、風の影響をモロに受けてしまい、風が強いナイトゲームなどでは釣りがしにくくなるのが実情です。

ラインの比重については、従来のPEラインは1.0前後で水に浮きますが、【よつあみ G-SOUL OHDORAGON オードラゴン WX4F1】は1.40とのことです。

比重については、フロロカーボンラインが1.7前後。エステルラインが1.4前後。ナイロンラインが1.2前後なので、フロロカーボンラインよりも軽いですが、エステルライン並みの比重であり、アジングなどで良く利用されるエステルラインと同等の比重ということは、ボトム狙いの釣りにも十分導入可能という感じです。

製品のラインナップとしては0.4号~の展開で、ライトゲームにも十分利用できそうな感じ。

ラインの規格としても、0.4号で7.5lbあれば十分を通り越しているくらいのスペックです。
※0.4号で5lb以上あれば、大概のライトゲームのターゲットは抜き上げ可能です。
20170619

製品特性は以下の通り

PEラインの積年の課題の1つであった、同一糸径対比強度を大きく落とさずに重くすることをついに実現。 特殊マイクロフッ素繊維をコアに超高強度PEを当社特殊技術のWX組工法で、高密度に4本角打ちで組み上げました。またマイクロフッ素繊維とPEの構成比率を号数ごとに同一とすることにより、比重を全号数1.40に統一でき号数による使用フィーリングの差をなくしました。 更にマイクロフッ素繊維が組シロに入り込み緩衝材的素材にもなり、結束強度を高め、耐摩耗性、耐切創性を大きく向上しました。 PE100%ラインに比べ風に強く、底取りがしやすくバーチカルでラインスラッグが出にくい、実釣値の高いシンキングPEです。

PEラインの弱点である、結束部の弱さについても克服されてるように見えますね。

150m巻きで2,000円~2,500円くらいの価格帯のようですので、値段も標準的なPEラインのレベルかと思います。

ラインのカラーは“ウグイスグリーン”とのことで、少し渋めのグリーン系カラーとのこと。
それに1m毎に15cmの“ウメレッド”のマーカー色が施されているようです。

発売が開始されたら、一度使ってみたいラインです。

よつあみ G-SOUL OHDORAGON オードラゴン


↓読んで頂いて、気が向いた方はワンクリックお願いします。更新の励みになります!
にほんブログ村 釣りブログへ

■NABRA Chase Fishing TOP へ